弁護士による働く障がい者の労働相談受付
働く障がい者の弁護団は、障がいやうつ病や病気を持ちながら働く人、働きたい人、働いて退職した人の相談を受け付けております。全国の障がい者や病気などで苦しんでいる方々ならびに市民の皆さん、お気軽にご相談下さい。

働く障がい者の弁護団

働く障がい者をとりまく現状には大変厳しいものがあります。

低賃金、長時間労働、昇給・昇格なしというのは当たりまえで、このような環境の中で働く障がい者は健康を害したり、時には命までも失っています。弁護士として、なかなか声をあげにくい障がい者や病気をもちながら働く方々からその声を少しでも受けとめ、障がいのある方や病気の方の労働環境の改善に多少なりとも役立つことができればと考えています。

相談を受け付けています

障がいを持ちながら働く人、働きたい人、働いて退職した人の相談・意見を受け付けております。うつ病や病気をかかえながら働く人・働きたい人の相談・意見も受け付けております。

電話でのご相談は原則として受け付けておりません。まずはメール、ファックス、あるいは手紙で、ご相談内容をお知らせくださいますようお願いいたします。

ご自分で送ることが難しい方は、ご家族・ご友人の協力を得てお送り下さい。どうぞお気軽に相談をお寄せ下さい。

労働相談窓口はこちら

働く障がい者の弁護団事務局・お問い合わせ先

 お問い合わせ・ご相談は労働相談窓口のページをご覧いただいた上でご連絡下さい。